2016年度 U18代表高校球児の進路と進学予定先

スポンサードリンク

2016年度 U18代表高校球児の進路と進学予定先

2016年度 U18代表高校球児の進路と進学予定先


pc010906-500x375_R

今年の夏の甲子園も閉会し、U18アジア選手権大会も日本の優勝で幕を閉じました。そこで気になるのが、「あの選手は、これからどうするのだろう?」という点だと思います。「プロ志望届」を出して来月のドラフト会議を待つ選手もいれば、大学への進学を検討する選手もいるわけです。

そこで今回の記事では、U18代表高校球児の進路について書いていきます。


U18代表高校球児の進路

まずは以下の引用記事をご覧下さい↓

高校日本代表の最強投手陣8人のうち、7人がプロ志望届を提出する方向だ。木更津総合(千葉)早川隆久投手(3年)は、卒業後の進路に早大進学を希望。中京大中京(愛知)佐藤勇基内野手(3年)は法大を希望している。

引用元:『日刊スポーツ』「高校日本最強投手陣は寺島、藤平ら7人がプロ志望」


引用元である『日刊スポーツ』のリンク先には、進路一覧図もあるので、詳しく見たい方はそちらも参考にしてみてください。その図と本文を参考に、U18日本代表球児の進路をまとめてみると以下のようになりました。

投手
寺島 成輝(履正社)⇒プロ志望
藤嶋 健人(東邦) ⇒プロ志望
堀 瑞輝(広島新庄)⇒プロ志望
早川 隆久(木更津総合)⇒早大進学希望
藤平 尚真(横浜) ⇒プロ志望
高橋 昂也(花咲徳栄)⇒プロ志望
今井 達也(作新学院)⇒プロ志望
島 孝明(東海大市原望洋)⇒プロ志望


捕手
九鬼 隆平(秀岳館 )⇒未定
渡辺 雄太(いなべ総合)⇒進学希望


内野手
小池 航貴(木更津総合)⇒進学希望
伊藤 優平(八戸学院光星)⇒進学希望
入江 大生(作新学院)⇒進学希望
佐藤 勇基(中京大中京)⇒法大進学希望
松尾 大河(秀岳館 )⇒未定
林中 勇輝(敦賀気比)⇒進学希望


外野手
納 大地(智弁学園 )⇒進学希望
鈴木 将平(静岡) ⇒プロ志望


スポンサードリンク

高校球児の進路・寸評

このブログでは「プロ野球ドラフト会議(2016年)・プロ志望届提出状況 特設ページ」という特集ページを設置して、今年のドラフト会議の記事をまとめています。ここで、「プロ志望届」の提出状況を日々更新していますが、すでに高橋昂也(花咲徳栄・)鈴木将平(静岡)・九鬼隆平(秀岳館)・松尾大河(秀岳館)の4選手に関しては提出済となっています(9/14)。

『日刊スポーツ』では「進路未定」となっていた九鬼隆平選手と松尾大河選手もプロ志望ということです。その他の「プロ志望」選手たちも続々と提出するはずですので、今年のドラフト会議も楽しみなものとなりそうです。特に「高校BIG4」と呼ばれる藤平尚真(横浜)・寺島成輝(履正社)・高橋昂也(花咲徳栄)・今井達也(作新学院)の4投手の入団先や指名順位は話題を集めるはずです。


その他にも、U18で一気に評価を上げた堀瑞輝投手(広島新庄)、野手としても注目される藤嶋健人投手(東邦)、今年の夏の甲子園大会未出場ながら選考された島孝明投手(東海大市原望洋)も着実に評価を得ています。また投手陣では唯一の進学希望となった早川隆久投手(木更津総合)は早大希望ということで、11月中旬~下旬にはスポーツ推薦の合否が判明するでしょう。


プロ志望が多い投手と違い、野手陣は進学希望選手が多いようです。『日刊スポーツ』の記事でプロ志望とした鈴木将平選手(静岡)はすでにプロ志望届を提出しています。また九鬼隆平選手(秀岳館)・松尾大河選手(秀岳館)もプロ志望です。

一方で進学希望者は、佐藤勇基選手(中京大中京)は法大を希望していることが判明しています。他の選手に関しては、別のスポーツ紙に希望大学が書いてあったので、それを参考にしてみると、渡辺雄太選手(いなべ総合)は法大、入江大生選手(作新学院)は明大、林中勇輝選手(敦賀気比)は立大、納大地選手(智弁学園)は東洋大を希望しているようです。

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ