プロ野球順位予想(2016)⑥【セパ・金村義明編】

スポンサードリンク

プロ野球順位予想(2016)⑥【セパ・金村義明編】

プロ野球順位予想(2016)⑥【セパ・金村義明編】


a0001_013289_R

今回は例年のプロ野球順位予想でお馴染みの金村義明氏のセパ順位予想をお伝えします。この予想は、大阪のMBSラジオで放送されている「上泉雄一のええなぁ!」という番組内の「金村義明の野球漫談」で披露されたものです。放送日は2月22日なので、キャンプとオープン戦を経た割と新しい予想ということになります。

番組の動画をここで貼ることはできませんが(著作権の都合)、詳細を知りたい方はYouTubeの検索で簡単に見つかると思います。


それでは、さっそく紹介していきましょう!


金村義明氏の2016年セ・リーグ順位予想

①阪神
②ヤクルト
③中日
④巨人
⑤広島
⑥DeNA


セ・リーグ順位予想短評


一番に名前が挙げられたのは3位に予想された中日でした。中日キャンプを取材をした金村氏は、「選手たちがノビノビと明るくプレーしている」「森コーチが連れてきた新外国人選手が当たる」という二大要因を挙げていました。4位予想の巨人は、昨年低迷した打線についての改善がキャンプで成されていない点、キャンプでルーキー(重信選手?)が一番目立っている点、投手の出遅れがBクラス予想の要因です。

優勝チームに挙げられたのは阪神です。大阪の番組ですが、この予想はサービスではなく実力で判断したようです。キャンプを見た限りでは「これまでとは別チーム」ということで、これが金本新監督効果でしょうか。さらには「投手四本柱が強力」「混戦になれば阪神が有力」との言もありました。ヤクルト・広島・DeNAに関しては目立った言及がありませんでした。

スポンサードリンク

金村義明氏の2016年パ・リーグ順位予想

①西武
②ソフトバンク
③日本ハム
④オリックス
⑤楽天
⑥ロッテ


パ・リーグ順位予想短評


まず優勝予想されたのが西武です。菊池投手や岸投手、牧田投手などの投手陣、そして好調な打撃陣をその要因に挙げています。その一方で、「西武に期待したい」「西武に頑張って欲しい」というコメントが出ているので、完全実力予想ではなく、ある程度の期待値を込めての優勝予想と言えるでしょう。

そして2位に予想されたのがソフトバンクです。過去の仰木監督の西武包囲網を例に挙げて「ソフトバンク包囲網が敷かれるのではないのか?」、さらには「パリーグの意地を見たい」という三連覇阻止への他チームの奮起を基に予想したようです。

4位予想のオリックスについては「煽りすぎたので反省を込めて」と前置きし、最終的には金子投手の調子次第と予想したようです。5位予想の楽天は「メキシカンリーガーの調子が良い」と昨年より順位を一つ上げ、最下位予想のロッテは、今江選手とクルーズ選手の流出がその要因に挙げられました。日本ハムには言及がなされませんでした。


※「2016年プロ野球順位予想特集ページ」を設置しました。
juniyoso


スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ