【高校球児の進路】2016年社会人野球の新人選手

スポンサードリンク

【高校球児の進路】2016年社会人野球の新人選手

【高校球児の進路】2016年社会人野球の新人選手


chair-697421_640_R

昨年の高校野球で活躍した選手たちの進路を取り上げてきましたが、今回は社会人野球へと進む高校球児を取り上げていきます。

高校から即社会人というのは、なかなか難しいようですが、このパターンでプロ入りして活躍している選手がいるのも事実です。

なので今回は、そんな選手たちを紹介していきたいと思います。社会人野球ということで、チーム別だと分かりにくいかもしれないので、今回はポジション別で見ていきたいと思います。

参考書籍は同様の『アマチュア野球40 2016ドラフト先取り』です。


社会人野球の新人選手【高校生】

高校生・投手編
・中島和俊(秋田南)⇒TDK
・矢野聡士(樹徳)⇒熊本ゴールデンラークス
・柳沢力(高崎商)⇒トヨタ自動車
・松本綾太(前橋育英)⇒ジェイプロジェクト
・袴田海斗(浜松学院)⇒トヨタ自動車
・森奎真(豊橋工)⇒JR東海
・内田大貴(誉)⇒三菱自動車岡崎
・松島良輝(富山工)⇒伏木海陸運送
・北田悠真(啓新)⇒日本通運
・永谷暢章(履正社)⇒JR東日本
・富山凌雅(九州国際大付)⇒トヨタ自動車


高校生・捕手編
・柘植世那(健大高崎)⇒ホンダ鈴鹿
・波方凌(中越)⇒トヨタ自動車


高校生・内野手編
・漁大稀(魚津工)⇒伏木海陸運送


高校生・外野手編
・百瀬雅也(松商学園)⇒JX-ENEOS
・根来祥汰(滝川二)⇒三菱重工神戸・高砂

スポンサードリンク

社会人野球の新人選手【高校生】・短評

全てを網羅できているわけではありませんが、大体このようになっています。全体的に少ないですが、地方大会や甲子園大会などで活躍した選手を見ることができます。


まず投手では、昨年の選抜大会に21世紀枠で出場した豊橋工からエースの森奎真投手がJR東海入りとなっています。準優勝した東海大四相手に13奪三振を奪い、敗れたものの堂々のピッチングを見せたことは、多くの方の記憶に残ったのはないでしょうか。昨年の選抜大会で括ればベスト4入りの履正社から永谷暢章投手がJR東日本入りを決めています。長身から繰り出される角度のある直球で三振を奪うことができる投手で、昨秋はドラフトの上位候補と目されていました。

高崎商でエースを務めた柳沢力投手は横手から多彩な変化球が持ち味の投手、前橋育英の松本綾太投手は二種類のスライダーを武器とする投手です。その他にも、昨春の愛知県大会で優勝投手となった誉の内田大貴投手、昨秋に北信越大会出場を果たす原動力となった富山工の松島良輝投手などの有力投手がいます。

九州国際大付の富山凌雅投手は春夏の甲子園大会でも好投した投手です。ドラフト前にプロ志望届を提出しましたが、指名漏れとなりトヨタ自動車入社を決めました。


野手では、ドラフト雑誌などで注目捕手として掲載されていた健大高崎の柘植世那捕手が有名ですね。強肩強打をウリにプロ志望届を提出するも指名漏れとなり、ホンダ鈴鹿へと進路を定めたようです。俊足が魅力の根来祥汰外野手が三菱重工神戸・高砂へ、チームの主砲として本塁打を量産した魚津工の漁大稀内野手が伏木海陸運送入りとなりました。その他にも、以前にJX-ENEOSの新人選手紹介でも取り上げた百瀬雅也外野手、トヨタ自動車への入社を決めた強肩捕手の波方凌捕手などが挙げられます。


※注目高校球児の進路(2015-2016)特集ページを設置しました。
button_sinro


スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ