【高校球児の進路】2016年大学野球の新人選手(首都大学連盟編)

スポンサードリンク

【高校球児の進路】2016年大学野球の新人選手(首都大学連盟編)

【高校球児の進路】2016年大学野球の新人選手(首都大学連盟編)


futta1287m_R

今年度、高校を卒業する選手たちの進路を取り上げてきましたが、今回は首都大学野球連盟に所属する大学へと進学する選手を見ていきます。

強豪の東海大学が所属するリーグなだけに、いったいどのような選手が進学するのでしょうか?


参考書籍は同様の『アマチュア野球40 2016ドラフト先取り』です。

それでは以下より紹介していきます。


参考書籍『アマチュア野球40 2016ドラフト先取り』『日刊スポーツ』

スポンサードリンク

東首都大学連盟の注目新人選手

東海大学
・大沢志意也投手(東海大四)
・森久保翔也投手(聖光学院)
・原田泰成投手(東海大望洋)
・平林俊太投手(東海大三)
・杉山賢佑投手(東海大翔洋)
・村上友幸投手(東海大熊本星翔)
・長倉蓮捕手(東海大相模)
・海野隆司捕手(関西)
・邵広基内野手(東海大四)
・鈴木新太郎内野手(春日部共栄)
・大野泰樹内野手(聖望学園)
・杉崎成輝内野手(東海大相模)
・千野啓二郎内野手(東海大相模)
・矢田崎明士内野手(中京大中京)
・広橋敬大内野手(遊学館)
・田中佑樹内野手(興譲館)
・植村裕介内野手(広陵)
・浅見豪志外野手(聖光学院)
・荒木裕也外野手(浦和学院)
・宮地恭平外野手(東海大相模)
・平井練外野手(東海大甲府)
・戸嶋佑樹外野手(大府)
・岩井一平外野手(金沢)
・藤井健平外野手(大阪桐蔭)


首都大学野球連盟で最大の実績を持つ東海大ということで例年通りの有望選手が入部予定となっています。東海大系列の高校を始めとして、有力校からの進学者が多いですね。

まず投手では、一昨年の夏甲子園出場を果たした東海大望洋の原田泰成投手です。今夏の千葉県大会では2回戦では7回で15奪三振をマークしています。その実績も含めプロ注目の投手とされていました。東海大翔洋の杉山賢佑投手は直球とスライダーのコンビネーションが冴え、東海大熊本星翔の村上友幸投手は剛球と多彩な変化球を操ります。昨春の選抜大会で母校を準優勝に導いた大沢志意也投手も入部予定です。

捕手では甲子園優勝捕手の長倉蓮捕手が挙げられます。主将、また捕手として東海大四の投手陣を支えた女房役ですね。同じく東海大相模からはU-18日本代表にも選ばれた杉崎成輝内野手を筆頭に千野啓二郎内野手・宮地恭平外野手といった名前も見ることができます。

大阪桐蔭の藤井健平外野手は力強い打撃力で知られ、昨春の府大会では2打席連続のホームランも記録しています。その他にも、プロから注目された広橋敬大内野手や東海大甲府の平井練外野手も入部予定です。


日本体育大学
・渡辺誉人投手(苫小牧東)
・川井智也投手(健大高崎)
・柴田大地投手(日体荏原)
・北山比呂投手(横浜)
・舘山直樹投手(湘南工大付)
・門間優太投手(桐蔭学園)
・吉田大喜投手(大冠)
・上西嵐満投手(宇部鴻城)
・春田優成投手(波佐見)
・馬場龍星捕手(八戸学院光星)
・雨川春樹捕手(大分商)
・石田玄太内野手(前橋育英)
・川崎拳士朗内野手(日大三)
・大基雄久内野手(八頭)
・大木惇司内野手(東福岡)
・高山凌内野手(海星)
・紀伊海秀外野手(仙台育英)
・有住隆哉外野手(明秀学園日立)
・エドポロ・ジョセフ・ウニメ外野手(日体荏原)
・中村友志外野手(日大藤沢)
・浜田巧平外野手(大阪桐蔭)


※選手情報はこちら↓

⇒ 高校球児の進路(日本体育大学推薦合格者)


筑波大学
・篠原涼内野手(敦賀気比)

昨春の甲子園を制した敦賀気比主将の篠原涼内野手は、選抜の選手宣誓をこなした選手なので覚えている方も多いかと思います。U-18日本代表にも選出された選手で、センス溢れる動きが魅力ですね。


桜美林大学
・谷田部唯内野手(昭和第一学園)


帝京大学
・池田陵太外野手(奈良大付)

奈良大付の池田陵太外野手は、昨春の選抜大会に出場した選手で長打力と脚力が魅力です。


※注目高校球児の進路(2015-2016)特集ページを設置しました。
button_sinro


スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ